私のベストケンコー利用体験談

太ってきたのが原因で、すぐに痩せたいという思いから最初に食事制限を行いました。
初めのうちは順調だったのですが、段々に筋肉も落ちてきたのか体力もなくなったようになり、お腹も空き過ぎてまた食べてしまったのでリバウンドをしてしまったのです。
特に食事を減らすと3日目や1週間目以降から異常に食べ物を食べたくなる事も分かり、自分にはこの方法があっていないと感じました。

そこで何か良いサプリメントはないのか探していると、エクササイズなど運動を行う時に飲む事でダイエットだけでなく人に見せても格好良い体型になれるという商品を見つける事ができました。
しかし、日本で発売されている物ではなく海外で発売されているという事も分かったので、どう手に入れたら良いのか分からなかったのです。

何か良い方法がないのか考えていた時に、医薬品の輸入代行サービスのサイトにたどり着きました。
サプリメントとは始め関係のないサイトだと思っていたのですが、もしかしたらと思って調べてみると私がほしいと思っていたダイエットのサプリメントを検索する事ができました。

しかも複雑な手続きがない状態で輸入をしてもらって、自宅まで届けてくれるという事が分かったのです。
料金も商品自体はそこまで高くなかったので購入できそうと感じていたのですが、海外から輸入されるという事で送料などが高いイメージがありました。

よく調べていくと商品税や送料までもが無料で発送してくれて、商品の本体代金のみがかかる事が分かりました。
これはもう買うしかないと感じたので、そのまま手続きをして購入する事にしたのです。
実際にも簡単に登録する事ができ、商品も1週間くらいで届きました。

待っていた商品だったので、家に到着した時には嬉しい気持ちでいっぱいになったのです。
その日も運動をする予定だったので実際にサプリメントも服用をしご飯を食べ、エクササイズも空いている時間に行いました。
これを続けていると食事制限の時とは別で、体を引き締めながら痩せていきました。
そして自分でエクササイズだけを行っている時よりも、動いた後体が熱くなり燃焼をしている感じが分かったのです。
本当に効果を実感できるのでもっとカプセルを飲みたい気持ちにもなりましたが、量は決められていたのでそこは我慢しました。

3か月も続けていくと太っていた時を忘れてしまう程に、引き締まった人に見せられるような体にもなる事ができました。
嬉しい気持ちと、続けて服用しながら運動を続けてきて良かったなと感じたのです。
この他にもサプリメントが様々充実していて、ダイエットに限らず美容系のサプリメントや食品なども購入できる事が分かりました。

例えば糖質を気にしている方がいればお菓子なのに、糖質が2%しか入っていないものなどがあったのです。
使いやすいサイトだったのでこれからも様々なサプリメントや食品も試してみて、理想の自分の体や肌を手に入れていこうと思います。

423
サプリメントに関しては、いろいろなデータを紹介しているサイトがありますので、参考にしておきましょう

その他の体験談

私が以前、利用したときに他サイトに投稿した体験談を教えておきます・・・ベストケンコーを使ってお薬を買ってます
その他の体験談もあります。
いろいろな人の体験談を見るのも面白いかもしれませんね。

海外へ進出する医薬品通販業者

現在の日本では、市販薬をインターネット通販で購入することが可能です。
市販薬とは、医師の処方箋が無くても購入出来る薬です。
処方箋が必要な薬はインターネットでは購入する事が出来ません。
また、インターネットでの薬の販売は薬事法に定められたルールに沿って行う必要があるのですが、このルールが改正される度に医薬品の通販サイトを経営する業者は速やかな対応を迫られる事になります。

import36

不安定な業界

場合によっては今まで販売していた薬が、突然販売不能になる事もあるのです。
この様に、日本における薬のインターネットでの販売は流動的かつ厳しい規制の中で行われていると言えます。
さて、この一方で海外に目を向けてみると、ネットでの薬の販売に関するルールは世界各国で違っている様です。
例えばアメリカやイギリスなどでは、処方箋が必要な医薬品でもインターネットで購入する事が可能となっています。

海外では、インターネットの普及に応じて柔軟に薬の販売体制を整えているのです。
この様な海外と日本の事情の違いから、海外へ支店を作り薬を販売する医薬品の通販業者も現れています。
例えばある業者はシンガポールに支店を作り、専用のインターネットサイトを設けて日本の規制に捕われない事業展開をしているのです。
日本に住む方がこうした業者の海外サイトを通じて薬を購入すると、個人輸入で薬を買ったという扱いになります。
日本では、本人が使用するという事を条件に、個人輸入での薬の購入が認められています。
この方法を使えば、日本では規制がかかってネット販売出来なくなった薬でも、合法的に販売を行う事が可能となるのです。
ただ、この方法で購入した薬を使う事は自己責任で行わなければなりません。

例え日本の薬局に売られている様な薬でも、個人輸入で購入した薬というくくりになるので、副作用については政府の保証を受けられないのです。
先に挙げたシンガポールに支店を作った業者では、主に日本国内の薬局でも販売されている様な一般的な薬を販売しています。

ですので、通常通りに使用すれば重篤な副作用を起こす様な危険は少ないと言えます。
ただ、より薬を安全に使う為にも、こうしたルールの違いがある事は利用する際に覚えておいた方が良いとも言えるでしょう。
この様にわざわざ海外に拠点を持った営業をする事は、日本の薬事法に左右されない業務を安定して行う為に必要だった事が想像出来ます。
日本国内では2014年にも薬事法が改正される事になっており、日本の薬のインターネット販売を取り巻く状況は未だ流動的だと言わざるを得ません。

こうした状況の中、より安定した営業とワールドワイドな事業展開を目指して日本の医薬品通販業者が海外へと進出していくのも無理からぬ事でしょう。
しかし、日本においてインターネットで薬を購入する方が、日本政府の保証を受けた上で薬を購入したいと考える事も当然のことだと言えます。
医薬品通販業者は、海外への発展と同時に安定した国内での販売を目指して、政府と交渉していく事が期待されているのです。

待ちに待ったネットでの医薬品購入の自由化

時代はインターネット無しでは語れない所まで来ており、インターネットが存在してこそ日常生活が円滑に周り、あるいは企業経営をノンストップで動かす事が出来ています。
インターネットに接続出来るパソコンや携帯電話、あるいは今や多くの人が所有しているスマートフォン等を使用すれば家から一歩も出ること無く、あるいは出先の地下鉄のプラットフォームで欲しい商品を選択してクレジットカードの番号等の情報を入力すれば、後日商品が配送されて来るという訳です。

テレビやハードディスクレコーダーや冷蔵庫等の電気製品をはじめとして、様々な商品を購入する事が出来て便利な時代になったと痛感した人は多いでしょう。
都心等の近くに住んでいれば単に面倒である事が解消されるだけで購入したい商品を欲しければ、家電量販店や有名電気街に繰り出し商品を購入する事は難しい事ではありません。
ここで、インターネットは世界中の何処にいても利用出来る事が便利だった事を考え直してみましょう。
今度の対象は薬です。

自宅が都心より遠く隔たった所に住んでいる足の弱っている高齢の患者Aさんがいるとすれば、インターネット通販は実に便利なツールであり、ブラウザーソフトから購入手続きを行えば自宅まで届けてくれるのですから、至れり尽くせりといった環境に感謝したかも知れません。
しかし、2006年6月1日に施行された法律では第一類および第二類の医薬品は、物理的な店舗において薬剤師等からフェースツーフェースでアドバイスや指導する事が出来なくなる為に安全性を保証出来ない出来ない事を理由に禁止する事になったのです。
すなわち、一般用医薬品のおよそ70パーセントがインターネット通販で、購入出来なくなったという事です。

第一類タイプは禁煙補助パッチ・発毛薬等が該当し上規模比率で言うと4パーセントが通信販売不可となりました。
また、第二類タイプは風邪薬・水虫薬・妊娠検査薬等で63パーセント、第三類は便秘薬・ビタミン剤等も33パーセントが通信販売不可となってしまったのです。
先に挙げたAさんは仕方がなく薬を貰う為におよそ10時間、そして交通費2万円以上をかけて都心を往復しなければならなくなります。
もちろん金銭だけで無く、体力や精神力も消耗する結果になるのは言うまでも無いでしょう。

もう一つ例を挙げますと身体障がい者のBさんは自分で自由に動くには制限があるために、今まではインターネットを利用して薬を購入していました。
しかし薬を貰う為に移動するというのは別の人にヘルプを頼み付き添って貰わなければなりませんしそれにはお金がかかります。
そして、それが都心から離れていれば尚更、大変であるのは火を見るよりも明らかな事です。

この様な理不尽に反旗を翻そうと声を上げたのは、インターネットで薬の販売を手掛けている企業のリーダー達で、2014年6月12日から新たな法律のもとで、インターネットから希望する薬を入手する事が出来る様になります。

通販で医薬品を手軽に購入

インターネットが発達してきたおかげで、通販で色々なものを家にいながら購入できるようになりました。
重たい水やお酒や珍しい食料品や本や衣服や医薬品と様々な商品が便利に購入できます。
医薬品では、海外のジェネリック製品など購入できるので、私も便利に使ってます。
最初は、花粉症の薬が高かったので、安く買いたいと思い、インターネットで調べたら、海外の医薬品の輸入代行業者で購入するのが、今、使っている製品と同じ成分のものがジェネリックなので、半額に近かったので購入しました。
いままで、通院したりする手間を考えると通販なので、家にいながら購入できて便利です。
海外の輸入代行業者のサイトから購入しているので、日本語でやりとりできることや、ポイントがついたりすることや購入した商品をシンプルな包装で送ってくれるなど、きめ細やかなサービスがあります。
丁寧なサービスがありがたいと思ったのは、私がED治療薬を購入したときです。
最初は、花粉症の薬だけだったのですが、年齢のせいか夫婦でセックスをしているときに、中折れしたりすることが多くなり、妻とも気まずくなってました。
ただ、私自身はクリニックにいくほどでもないと思ってました。
やはり、他の人に性的なコンプレックスを相談できるほど、精神的にタフではないので、通販でED治療薬を購入できると知って安心しました。
花粉症の薬を購入するとき、サイト内で、ED治療薬のジェネリック製品が販売されていたので、花粉症がよくなってから購入してみました。
きちんと、使い方や副作用などサイト内で書いてあるので、購入するときにメリットやデメリットが分かりやすかったです。
サイト内でキャンペーンでポイントがたくさんつくキャンペーンをしていたとき思いきって購入しました。
家にはシンプルでサプリメントのように届いたので、家族にも分からなかったと思います。
ED治療薬を飲んでみてから夫婦生活もうまくいくようになり、サイト内で頭痛や鼻詰まりなどの副作用も書いてましたが、私はそういうこともなく、何事もなくセックスをすることができたので、購入してよかったです。
ただ、通販でないと勇気がなくて買うことができなかったし、値段もクリニックで買うよりも安いので、続けられるので助かっています。
そこのサイトでは郵便局留めもできるみたいなので、やはりこういうきめ細やかなサービスをしているサイトなので、商品も豊富でお客様のことを考えてくれていると感じます。
インターネットで医薬品を購入することに抵抗のある方はいらしゃっると思いますが、いいサイトを見つけるとサービスもよく値段も安く買えるので、懐にも優しいので本当に便利です。
増税もあり家庭的には大変なので、こういうところで少しでも節約できて、時間や手間も節約できるので、医薬品の通販は本当にありがたいです。
自分の使っている製品で海外の輸入代行業者を使うと安いことがありますので、おススメします。

医薬品の通販に乗り出す異業種からの参入

医薬品と聞けば、風邪を引いた時など病院や町中にある開業医で診察後、近場の調剤薬局で医師から処方された薬を出してもらう薬や、あるいはドラッグストアなどに置かれる頭痛薬や風邪薬の事を思い浮かべるかも知れません。

前者は医師による処方箋で入手する薬は処方箋医薬品と言い、医療関係者ではなければ合法的に購入する事は出来ない薬なのです。
なぜならば同じ薬で同じ分量であったとしても、患者の病歴はもちろんの事、個人差がありますし他に持病があって別の薬を飲んでいて、その薬との飲み合わせの問題など様々な事柄を勘案して作られるのが処方箋だからです。

一方、後者は2009年6月1日に薬事法の改正があり、一般医薬品を購入する際には薬剤師あるいは登録販売所のアドバイスを受ける事が出来る様になりました。
そもそも一般用医薬品には第一類タイプ・第二類タイプ・第三類タイプがあります。

第一類タイプは副作用の危険性があり特別に注意が必要なもので、薬剤師からのアドバイスを要する薬でH2ブロッカーという機能を備えた胃腸薬などが挙げられます。
第二類タイプは第一類タイプ程では無いものの日常生活に支障を来すレベルの健康被害があるもので、鎮痛剤や風邪薬等たくさんの薬がこれに該当するのです。
第三類タイプでは、ビタミン剤等の危険性が低くインターネット通販等で販売が許可されていました。
すなわち第三類タイプ以外の薬は、これまではインターネット通販で販売が許可されていなかったという事です。

しかし大手ITビジネス企業等から第三類タイプ以外の販売をインターネットで販売出来ない事は不当であるとの声が上がり、その問題は最高裁判所まで持ち越されました。
その結果日本全体の再興戦略という意味合いも込められ、2014年12月に薬事法が改正されました。
そして、施行は2014年6月12日からと決定したのです。

ただし、医師からの処方箋を持って入手出来る薬や一部の劇薬及び、スイッチ直後品目という一般医薬品としては日が浅い薬は、インターネット通販からは除外されます。

この事を受けて続々と異業種から、WEBサイト上での薬の販売に乗り出そうという企業が厚生労働省に続々と申請が出されている様ですが、インターネットで薬を販売するには次に示す様な条件があります。

一つ目としては、インターネット通販では実店舗を持たない仮想店舗のみで営業をしているというタイプの企業がありますが、今回の薬事法改正では実店舗を持ち、販売する商品を店内に陳列していなければならない事です。

二つ目は、薬剤師や登録販売者を常に配置しておく事があります。
三つ目としては、WEBサイトには住所・電話番号や薬剤師の氏名や許可証の内容を掲載されている事が義務付けられるのです。
それでは、薬の購入希望者はどのような手順で購入するのかと言えば基本的には、ネット通販で商品を購入する感覚で手続きをすれば良いのですが、少し勝手が異なります。
それは、WEBサイト上で購入したい薬を選択して氏名・住所・電話番号等の他に持病や服薬している薬の名前等の情報を業者側の薬剤師に送信するのです。

その後、薬剤師側から服用上の注意点等の情報が購入者に送信され、その内容に了解したという旨の内容を業者側の薬剤師に返信する必要があり、返信が完了すれば後日商品が発送されて来るという形を採っています。

薬事法に左右される医薬品通販サイト

インターネットの普及は、人類の生活をかつて無いほど便利なものに変えました。
社会にこうした大きな変化が起こると、それに合わせた新しいタイプの事業が大量に生まれ、発達する事になります。
インターネットショッピングの登場はその最たるものだと言えるでしょう。
ネットショッピングの発達により、路面店を構える事無く商売を始める事が可能になりました。
また、現在多くの人がインターネットショッピングを利用し、24時間いつでも買い物が出来るという恩恵を享受しています。
ただ、この様に社会の仕組みに大きな変化が起こっても、そのシステムが安定するには時間がかかるものです。
例えば、インターネットには薬を購入できる通販サイトがいくつか存在しているのですが、その業務は薬事法が改正される度に変更を余儀なくされ、現在も安定した状況にあるとは言えないのです。

そもそも日本では市販薬の通信販売に関する法律が定められていませんでした。
ですので、薬の販売を行う通販サイトが現れ始めた当時は、自由に市販薬を売る事が可能な状態にありました。
それが2009年の薬事法改正によって一定の規制がかかる様になったのです。
その結果、それまで自由に活動していた薬の通販サイトが大きな打撃を受けたのは当然のことでしょう。
市販薬は第一類から第三類までその危険度に応じて分類され、通信販売が行えるのは第三類のみとされたのです。
こうした状況に対して、ある医薬品販売サイトの代表者が訴訟を起こし2012年に勝訴をもぎ取った事を機に、再び第一類及び第二類に分類された市販薬のインターネット販売が可能になったのでした。

ただ、こうした状況は現在も流動的な状態にあります。
2014年6月に施行される薬事法改正によって、一部の第一類医薬品について薬剤師が直接利用者に説明をした上で販売しなければならないと定められる事になったのです。
この対象になったのは一部の医薬品ですが、こうした改正は今後も行われる可能性があると言えます。
こうした改正は利用者の安全を考えたものだと言えますが、ネットでの購入を頼りにしていた利用者にとっては不便さを感じるものだとも言えるでしょう。
こうした事から、現在もネットでの薬の購入が安定した状況になるにはまだ時間がかかるのかも知れません。

また、人体に関わる薬の販売の問題であるが故に、簡単に決着がつくものでは無いでしょう。
さて、この様な流動的な状況の中にありながら、薬を販売するインターネットサイトでは、利用者が購入した薬を安全に利用出来る様に独自の工夫を凝らしています。
例えば、同じ種類の薬は購入出来る数に制限を設けるといった自主的な規制をしているのです。

これは、一度に購入する数を制限するだけでなく、同一者が短い間隔で同じ薬を買う事に対しても制限を設けています。
薬は大量に買って安易に転売などをするべきではありませんし、どんな薬でも大量に摂取しすぎると命に関わる危険があります。
大手の医薬品通販サイトでは、こうした自主規制を行う事で利用者が薬を安全に使用出来るように配慮しているのです。
こうした販売者側の努力が続けば、安定した医薬品のインターネット通販の土壌が出来上がる日が近づくのではないでしょうか。